子供の成長を考慮して家を建てたかった

夢のマイホームを建てたのが数年前のことです。

 

手を建てたのが子供が小さい時だったということもあり、その時のライフスタイルを重視して家づくりをしました。

 

 

[新築時の夫婦の考え]

 

庭の代わりにウッドデッキスペースを作ることは自分たちの中ではマストでした。

 

新築時の子供の年齢は2歳で、外遊びや散らかして遊ぶのが大好きな年齢でした。

 

そのために、家で元気に遊べるようにとウッドデッキを設けました。ウッドデッキのメリットとしては、道路などの危険がなく外遊びができること、家じゅう走り回る子供にとってウッドデッキもダッシュできるスペースのひとつとなりました。

 

また、来客時にバーベキューをすることができるのもメリットですし、時として大きなものを干すときに、時として好きな鉢植えを楽しんだりといろいろな使い方ができているのも良かったと思っている点です。

 

[子供が成長してみて思うこと]

 

子供がウッドデッキで遊ぶということをしなくなってからは、私も子供と同様にウッドデッキ何かをするという事は、室内で作業しにくいことをする場合に使うことくらいでしょうか。最近ではウッドデッキに出ると外の目が気になるのであまり出ることがありません。

 

さらには、最近は大きな車に買い替えたことで駐車スペースの真後ろにウッドデッキがあるせいで、ハッチバックが開きにくいというデメリットもあります。

 

これがフラットな普通の庭だったらそういう点もなく過ごすことができたのにな、というのが正直な気持ちです。

 

我が家の場合は人工素材なのでメンテナンスも今のところしていませんが、友人の住まいでは天然木なので定期的なメンテナンスは必須とのこと。

 

また、最近、近所のウッドデッキスペースがあるお宅は道路に面している部分をすっかりと囲いをして飼い犬を離しています。ライフスタイルが変化していく中で、建てた時のまま暮らすというのはなかなか難しいのかな、という思いになっています。

 

もちろんそれに関してもお金がかかってくることなので、お財布と相談しながら…なのですが。

注文住宅で最もこだわったキッチンについて

私が注文住宅を建てるにあたって、一番こだわりたかった場所はキッチン回りです。

 

やはり主婦にとってキッチンは城とも言えるべき場所。しかもわが家では夫は全く料理をしませんので、キッチンに関しては私が全て決めることになっていました。

 

 

 

私達がお願いした建築会社では、一応契約しているメーカーのキッチンは安く購入できるとのことでした。

 

値段を聞いてみると、キッチン・バス・洗面・トイレ全てコミコミで100万円程度。それは安い!と思ったのですが、デザインを見るとかなりイマイチ。

 

言葉は悪いですが、いかにも賃貸アパートの安そうな水回り設備だなぁ…という印象で、せっかくのマイホームに置きたいと思えるものではありませんでしたね。

 

そしてその建築会社では施主支給(施主である私達が購入して持ち込む)が可能だったので、気に入ったキッチンを自分達で買おう、ということに決まりました。

 

 

 

ということで、様々なキッチンなどの住宅設備メーカーのショールームを回ってみることに。

 

やはりメーカーによってはかなりおしゃれなものもあったり、収納が使いやすいように色々と工夫されているものもあったりで、「こういうのが良いなぁ」とどんどんイメージが膨らんでいきました。

 

 

 

そして最終的にとあるメーカーに決定し、見積もりを貰ったのですが…。

 

なんと値段が、キッチンとカップボードを合わせて300万円近く!えぇ〜、キッチンだけで300万!?と、目玉が飛び出そうでした。

 

キッチンにこんなにお金がかかるものとは知りませんでしたね。ローコスト住宅メーカーに頼んだのに。

 

なので、なんとか安く買えないかとネットオークションを見てみたり、ネットで購入できる住宅設備の卸売ショップに手当たり次第に問い合わせをしました。

 

いくつかのショップから見積もりを貰い、安いところは確かにあるのでそこで買ってもいいかなとは思ったのですが、問題は設置です。

 

建築会社に確認したところ、設置業者は紹介できるけれど、万一水漏れや故障等不備があっても一切補償はない…とのこと。

 

それに、ネットで買った場合やはりその後の補償も心配です。

 

 

 

ということで、結局地元の建材卸売店で設置・補償込みで安いところを探し、キッチン設備も本当に必要なもの以外は省いて、なんとか予算内(150万程度)に抑えました。

 

でも、キッチンって意外にお金がかかるんだなぁ…と思いましたね。